恋愛と人間の脳について

###Site Name###

一見全く関係がないように思える「恋愛」と「脳」ですが、実は様々な面で密接に関係しているのです。
人間の脳の仕組みを理解することで、スムーズに恋愛を進めることが出来るようになります。

まず、人間に限らず全ての生物は、最も安全に子供を産むことが出来る時期に合わせて発情するように出来ています。

例えば、妊娠期間が3ヶ月の鴬の場合、最も安全に子供が産める夏の時期に合わせて、春に発情するように出来ています。



おなじみの「ホーホケキョ」という鳴き声は、発情の立派な証です。
これと同じくして、人間も気温が高くて食料も豊富な夏の時期に子供を産んだ方が有利です。

人間の妊娠期間は8ヶ月のため、夏から逆算すると人間は秋に最も発情しやすくなります。

現に、恋愛に関するホルモンが最も活発になるのは秋ということが、研究で明らかになっています。
また、恋愛を語る上で欠くことが出来ない「浮気」も、私達の脳が大きく関係しています。

人間の脳は、沢山の異性と子供を作るようなプログラミングが施されています。

auに関連した情報が掲載されています。

これは、1人の異性と3人の子供を作るより、3人の異性と1人ずつ子供を作った方が子孫繁栄に繋がる確率が高くなるためです。

様々なタイプの遺伝子が組み込まれる分、状況の変化に柔軟に対応出来るため、子孫が反映する可能性が高くなるのです。



恋愛において、お互いの浮気が原因でトラブルになることは多々ありますが、これは脳の仕組みによるものなのです。